フリーランス チャレンジ!!

フリーランス チャレンジ!!

週休4日制に俺はなる!

やっと開業届け出しました! でも世間では個人事業主は減っている・・・。

f:id:ksakae1216:20160625090915j:plain

みなさん、こんにちはコウタロウです!!

 

えっ今更と思われるかもしれませんが、先日開業届けを

税務署に提出しました!

 

これで私も晴れてフリーランスの仲間入りです。

 

これまでは職業を聞かれると、うつむきながら「無職です。。」と

答えていましたがこれからは相手の目を見て「個人事業主です!」と

ハッキリ応えることができます。

 

でも、なってみたはいいものの何年持つかな?と疑問に思い

ちょっと調べてみました。

 

【目次】

 

情報が無い

30分位調べましたが、「◯年で☓%廃業」みたいな情報が

全然見つからない。。。

残念、今回はあきらめるか。

 

いや! それじゃあ、ダメだ。

 

他に何か別の情報でもいいから無いか調べたら

小規模事業者の増減なる資料がありました。

おもしろそう!!

 

小規模企業白書

最近、よくブログで引用させて頂いているお国関係の資料です。

今回は総務省から引っ張ってきました。

http://www.meti.go.jp/press/2016/04/20160422002/20160422-b.pdf

(出典元:2016年度 小規模企業白書)

 

1つずつ見ていきます。

 

小規模事業者数の増減

f:id:ksakae1216:20160625091944p:plain

資料は少し古く2012年から2014年です。

私のような個人事業主9.2万者減っていますね。

ちょっと意外です。

 

ネットでもフリーランスになりました的な記事をちらほら

見かけるので会社辞めて独立する人は増えている認識でした。

 

ちゃんとデータ見ると自分の認識とずれていますね。

 

年齢階級別の自営業主数

f:id:ksakae1216:20160625092544p:plain

1980、1990年代は30,40代の自営業主(=社長)が多いです。

これが2014年になると70代上の社長さんが80万人と

年齢階級別でTOPになります。

 

1980、1990年代に開業した社長さんがそのまま継続されて70代に

突入していることがわかります。

 

私は今、39歳なので2014年に置き換えると36万人で1982年の

98万人と比べると、約1/3となります。

 

バブルが1980年後半から1990年前半にあったのでバブルに

乗っかってみんな開業したんですかね。

 

今は、終身雇用が昔ほど信じられなくなったとはいえ、景気がいいわけでは

ないので独立しづらいですよね。

 

フリーランスの職種

f:id:ksakae1216:20160625092555p:plain

結構、いろんな職種があります。

私は、ソフトウェア作成者なので17.7%の部類に入ります。

 

それにしても「その他」は何でしょうか?

もしかしてプロブロガー?

 

フリーランス仕事の受注形態

f:id:ksakae1216:20160625092603p:plain

仕事は直接受注が一番です。

関節受注だと、紹介してくれた業者にマージンが取られます。

 

例)私の場合

私:30万 ← 中間業者:5万 ← お客さん:35万

 

このようにお客さんは35万払いますが私には30万しか

入りません。

直接受注が一番ですね。

 

仕事の受注に向けた取り組み

f:id:ksakae1216:20160625092609p:plain

私もまさに、「技術の向上」を取り組んでますがこの表をみて

少し考えました。

年をとっても、いつまでもプログラムを書きたいが技術の向上だけで

ずっと仕事をもらえるだろうか?

 

みんなと同じことをやっていたら、みんなよりももっと努力をしないと。

でもその努力はお客さんに伝わるのか?

 

みんながやっていない「営業地域の拡大」や「他分野の事業の連携」などに

注力したほうがよいのではないか?

 

調べてよかった、考えてみます。

 

まとめ

如何でしたか?

 

本当は、開業してから平均して何年で廃業するのか?

10年以上続くのは何%かを知りたかったのですが

個人事業主の数、年代など結構おもしろかったのではないでしょうか?

 

私は、何年持つのかな?

ブログで食べていければ、通勤電車のらなくていいのにな〜。