フリーランス チャレンジ!!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス チャレンジ!!

週休4日制に俺はなる!

私の知る田舎の不便さお伝えします 暑さ、虫、噂話

f:id:ksakae1216:20160626073603j:plain

みなさん、コウタロウです。

 

最近、モテ貯金さんの「田舎移住失敗」記事からブログ界隈

Twitter界隈が非常に盛り上がっています。

minimote.hateblo.jp

 

田舎の良さ、悪さ、都会の良さ、悪さ色々な意見を目にします。

モテ貯金さんの場合、住んだ家がたまたま良くなかったですね。

 

これは田舎に限ったことではなく、都会でもありえます。

隣の部屋の住人が非常識な人でトラブルになるとか、どこに住んでも

リスクは必ずあります。

 

そこで、私の知る田舎の不便さ、良さをお伝えします。

 

【目次】

 

この記事も読んだ

okite.hatenadiary.jp

 

この記事の中で、A1理論さんは田舎育ちだったので田舎の不便さに

ついて語られています。

 

これは、体験した人でないとわからないことです。

 

私は、都会育ちですが、田舎があり小さい頃から大人になっても

頻繁に帰ってたので私のしる田舎の不便さをみなさんにお伝えします。

 

私の知る田舎の不便さ

暑い

田舎は、鹿児島県の離島です。

なので冬寒いことはないですが、夏はとにかく暑い。

家が広いので、クーラーつけてもぜんぜん効きません。

 

田舎の人は、暑いの慣れっこなので、家が暑くても気にしない。

ただ、スーパーやコンビニはガンガンクーラー聞いてますよ。

 

虫がすごい

虫好きの人は不便ではないですが、恐らく全体的に少ないはず。

 

すごいんですよ。虫。

見たこと無い虫からおなじみゴキブリまで。

 

田舎は、基本そこら中、開けっ放しです。

玄関、窓、戸、すべて開いています。

セキュリティゼロです。

 

だから、どこからでも虫が入ってくる。

 

晩飯中にばあちゃんの後ろにゴキブリがいて

「ばあちゃん、後ろゴキブリ!」と私が言うと

ばあちゃんはうちわで、簡単に追い払うだけ。

 

私は、正直ゴキブリ苦手なのでビクビクしながら

ご飯食べてました。

 

そこら中にいるかと思うと、怖くてトイレもいけない。

トイレとか、風呂場とか結構いるんですよ。

 

お客さんをもてなす

家によるかもしれませんが、じいちゃん、ばあちゃんとこは、人が

しょっちゅう訪ねてきます。

 

訪ねてきたら、お茶だして、茶菓子だしてそこから1時間くらい平気で

話し始めます。

 

そして、話している間に別の人が来ると、さらに長くなる。

お年寄りが多い島で仕事していない人も多いためみんな話し好きです。

 

両親から聞いたのですが、話し好きなので「噂話」、「陰口」も

意外とすごいらしいです。

 

監視がスゴイ

人が少ない島なので、基本外にあまり人がいません。

 

なので、どこを歩いていた、昼ごろスーパーにいたという情報が

すぐに広まります。

 

私が、田舎に帰った時、暇なのでスーパーにいって、帰ってきたら

ばあちゃんから「スーパーいってたでしょう」と言われました。

 

なんで知ってるのか尋ねたら、◯◯さんがスーパーで見たと言って

ばあちゃんに教えてくれたそうです。

ケータイじゃなく、歩いてばあちゃん家まで来て教えてくれたんですよ。

 

田舎の監視おそるべし!

 

私の知る田舎の良さ

人がやさしい

田舎がない人もこのイメージがあるのではないでしょうか。

 

まあ、とにかくみんなやさしい。

田舎の人は、良くも悪くも身内を大切にします。

 

都会みたいに親と子が離れず、近くに住んでいるため仕事がうまくいかない

夫婦間がうまくいかないなどあっても全力でサポートしてくれます。

 

ただ、サポートを受けるのが嫌な人にとっては良さにはならなですが・・。

 

生活コストが安い

これもみなさん、想像できますね。

ご近所さんが、色々食材を持ってきてくれます。

だた、ウチのじいちゃん、ばあちゃんも人の家に食材を持っていってるので

Give&Takeかもしれません。

 

また、家は安いです。

空き家が多いので安いというか、タダ同然という話。

(じいちゃん談)

 

参考までにじいちゃんが借りている駐車場は年5000円です。

 

最後に

いかがでしたか?

 

当然、田舎と言っても離島と本土の田舎でもぜんぜんちがうでしょう。

 

同じ田舎でも人によって感じる、不便さ、良さは異なると思います。

 

このブログ読んでくれた、あなたの知っている田舎の不便さは、他の人に

とっては未知な情報かもしれません。

 

ブログやTwitterなどで情報発信したらいろいろ考えるキッカケになるかも。