フリーランス チャレンジ!!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス チャレンジ!!

週休4日制に俺はなる!

医療費が高くなる! 2025年問題!!

考え方

f:id:ksakae1216:20160628093335j:plain

みなさん、コウタロウです!

 

連チャンで真面目な話。

 

下記記事で、介護離職が増えるという紹介をしました。 

www.ksakae1216.com

  

理由は、高齢者の増加。

それに伴い、世間では2025年問題というのがささやかれています。

 

 

2025年問題

団塊の世代(1947~49年生まれが2025年頃までに後期高齢者(75歳以上)に達する事により、介護・医療費等社会保障費が急増する問題。

 

その頃の日本は、国民の3人に1人が65歳以上5人に1人が75歳以上になります。

 

こうなると、頭の悪い私でも介護と医療費大丈夫かな?と考えますね。

 

医療費はどうなる?

後期高齢者(75歳以上)の1人当たり年間医療費は約92万円で、国民平均(約30万円)の約3倍です。

 

また、75~79歳の一人当たり年間医療費だけ見ても約78万円と国民平均の2・6倍となります。

 

これらを踏まえ、国全体ではどうなるか?

下記サイトに情報があります。

「医療費2025年問題」への警鐘と対策 | nippon.com

 

f:id:ksakae1216:20160628095124p:plain

医療給付費と医療費のグラフです。

 

厚生労働省の推計によると、医療給付費は2012年度(予算ベース)の35・1兆円から2025年には1・5倍の54・0兆円に、介護給付費は2012年度の8・1兆円から2025年度には2・4倍の19・8兆円にまで増加する見通しです。

 

財務省のページに平成28年度の税収は58兆円と記載されています。

2025年の医療、介護給付金を合計すると税収を超えています。

 

これが我が家の家計であれば、私と妻の収入合計よりも病院代が高い。

終わってますね。

 

解決策はあるのか?

下記サイトに年金と税収についての記載があります。

gendai.ismedia.jp

 

年金について

現実的な値をもとに計算すると、遅くとも2030年代前半には、年金積立金は枯渇します。『所得代替率(現役時代の給料と年金支給額の比率)50%を死守する』という政府の目標も、おそらく叶わないでしょう」

 

税収について

「かくなるうえは、消費税増税しかない」というのが財務省の理屈だが、消費税を1%上げても2兆円しか税収は増えない。10年足らずで15%も消費税を上げるというのは、とてもじゃないが、ムチャな目標である。

 

上記のことから

・年金は、期待できない。

・将来、大増税をする。

が想像できます。

 

私は今39歳ですが年金を貰えるようになるのは80歳とか、もっと年を

とってから、つまり死にそうなころにようやくもらえるのかなという予想です。

 

また、これから日本がものすごい経済成長するか、油田や天然ガスが見つかるか

がない限り、大増税をして介護・医療費を賄うのが現実的でしょう。

 

2025年て、アラフォーの私にとっては、そんな遠くない未来です。

今2016年だから9年後なんてあっという間。

 

どうなるんでしょう、ニッポン!!