フリーランス チャレンジ!!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス チャレンジ!!

週休4日制に俺はなる!

ザ・プロフェッショナル

f:id:ksakae1216:20160703113858j:plain

みなさん、おはようございます!!

コウタロウです。

 

本日、紹介する本は、「ザ・プロフェッショナル」です。

 

マッキンゼー出身の大前さんによる本です。

 

仕事をする上でプロフェッショナルになるべき、プロフェッショナルとは

何なのか? どうすればプロフェッショナルになれるのか?が書かれた本です。

 

仕事ガッツリみたいな本です。

 

私は、家族の時間、自分の時間を大切にしたいと考えているので全て納得は

できませんが、仕事する上での心構え、なぜプロフェッショナルなのか?と

いう部分は非常に共感して読むことが出来ました。

 

けっこう、固くて難しい本ですが、ぜひ読んでみることをオススメします。

 

オススメ度:★★★

 

以下に、本の引用と私見を記載します。

 

・知的怠慢を排す

大抵の人が「自分の限界を、自分で決めて」います。そのほとんどが、かなり手前に設定されています。なぜなら、今までの経験と相談するからです。

そのような人が「できるわけがない」と思った途端、すぐ諦めてしまう。これこそ知的怠慢なのです。

ホリエモンの本にも書いてありました。

 

みんな限界は自分で決めていると。

デキる人はみんな同じことを思っているんですね。

 

私も常に、「できるわけがない」 とあきらめることはしないと決めております。

 

あきらめることが無いわけではないですよ。

「昔みたいに無理して病気になるくらいだったらやらない」みたいに

論理だててあきらめるようにしました。

 

知的怠慢を排しています!!

 

・妥協

ビジネス・プロフェッショナルに、「妥協」の二文字は厳禁です。 妥協とは自分の都合であって、顧客の都合はもちろん、ビジネス・パートナーの都合なども一方的に無視する、甘えた態度です。

自分のことはよくわかっているのですが、私は「妥協」が多いです。

 

当然顧客第一でいつも考えているのですが、出来ないことは出来ないと顧客に

伝えます。

でもこの本を読んで、ひょっとすると妥協しているのでは?と思いました。

 

本当に、考えに考えて考え尽くしたのか?

本当に出来ないのか? いや本当はできるのでは?

 

ここまで深く考える事はなかったように思えました。

 

今度から「妥協」してないか考えるようにします!!

 

・「意思」へ投資する

ナイキのフィル・ナイトが「レストランを開きたいと思っても、厨房で1日23時間働く覚悟がなかったら、辞めたほうがいい」と言っているように、わき目もふらずその仕事に没頭できなければ、事業は成就しないのです。「自分にはこれしかない」とひたすら邁進できるのも、その仕事が好きなればこそです。そうしたこだわりを信念に高めていくことで、間違いなくビジネスの道は切り拓かれていきます。

 私は、最初誤解しましたが、けして1日23時間働けといっているわけでは

ありません。

 

1日23時間働けるくらい仕事に没頭しなければいけないということを

いっています。

 

私も仕事をするときは、集中しているつもりですが、1日23時間働くくらい

仕事に没頭しているかといわれれば、そこまで仕事に対して没頭していない

気がします。

 

大前さん、「わき目もふらずに仕事に没頭ですね」心に留めておきます!!

 
 
ぜひ読んでみては!!