フリーランス チャレンジ!!

フリーランス チャレンジ!!

週休4日制に俺はなる!

トヨタの片づけ

f:id:ksakae1216:20160703134345j:plain

みなさん、おはようございます!!

コウタロウです。

 

本日、紹介する本は、「トヨタの片づけ」です。

 

世界的に有名な日本企業トヨタ!

 

トヨタといえば「かんばん方式」が有名です。

www.toyota.co.jp

 

しかし、このかんばん方式以外にも仕組みがありました。

それは、「片づけ」!!

 

私は比較的、仕事机や家など整理、整頓がしっかりしている

自負がありましたが、この本を読んでまだ足りないところがあると

気付きました。

 

片づけと聞くと簡単そうで、わざわざ本で読むこと?と思う方も

いるかもしれませんが、ぜひ読んでみてください。

 

片付けの先にあるのは、生産性向上、コスト削減、時間が増える。

個人の生活、仕事にも大変役立ちます!!

 

オススメ度:★★

 

以下に、本の引用と私見を記載します。

 

・部下500人分の資料もデスク1つで大丈夫

デスクの上に常時置いてあるのは、電話が1つだけ。就業時間中は、その日に使う必要最低限の書類とパソコンのみで、退社した後のデスクの上には電話以外何も置かれていない。しかも、収納用のキャビネットは3つだけ。その中には書類用のファイルが12個、整然と並べられていました。
驚きです!
 
部下500人というと、とんでもない数の資料や広いスペースが必要かと
思いますが、トヨタでは違います。
 
まさに片づけの真骨頂です。
 
私のサラリーマン時代、部下はいませんでしたが複数プロジェクトと過去の
プロジェクト資料なんかもキングファイルにまとめていたため、机の引き出し
だけでは足りずキャビネットも使っていました。
 
意識すれば減らせるんですね。 
 

・「整理」「整頓」を徹底するだけでも成果があがる

トレーナーの中野が指導に入った会社も例外ではありませんでした。
まずメスを入れたのは、整理と整頓。
とにかく、要らないものを捨てること。壁際に並ぶ大きな棚には、しばらく使っていないものや、1つあれば十分な部品や工具が2つも3つも置いてありました。
それらを捨てて棚をスッキリさせて、必要なものだけを配置していくと、いくつかの棚が必要ないということになりました。
こうした整理整頓の結果、どうなったでしょうか。
大幅な生産時間の短縮や年間300万円程のコストダウンに成功するなど、生産性が向上したのはもちろん、不良品が減るなど品質の向上しました。

 この実例は大変わかりやすいです。

 

例えば、我が家もなぜかハサミは3つあり、ポールペンなんかは

20本くらいあります。

 

でもいつも使うハサミとボールペンは1つです。

 

なのに3つのハサミと20本くらいのボールペンを入れている箱は

結構な大きさでスペースがもったいないです。

 

そんなに広い家じゃないのに。。。

 

こんなことを突き詰めていき、スペースを開けていけば、もっと広く

快適に住むことができそうです。

 

また、必要なものだけにすることにより、物を探す無駄も省けます。

 

・「発注点」を定めなさい

トヨタには、そのための様々な仕組みがあります。
その一つが「発注点」を作ること。
コピー機のそばに、コピー用紙の梱包がいくつか置かれているとします。
例えば、梱包を5段積みにしているとしましょう。そうしたときに、上から3段目のところにカードを差し込んでおく。
コピー用紙を使っていて、そのカードのところまで来た時、新しいコピー用紙を発注するようにする。これが発注点の考え方です。

 これ、どこの会社でも実践すべきですよね。

 

私は今まで、多くの現場を見てきましたがこんなことやっている会社は

見たことがありません。

 

このような仕組みにしておけば、だれでも簡単にできるしコピー用紙が

切れる心配もないですね。

 

 

ぜひ読んでみては!!