フリーランス チャレンジ!!

フリーランス チャレンジ!!

現役フリーランスエンジニアが書く雑記ブログ

DB接続のクライアントツールはTeamSQLで決まり(インストールからMySQL接続まで紹介)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

TeamSQL
今まで色々なDB接続ツールを使ってきました。

SI ObjectBrowser、Sequel Pro、DBViewer(eclipseプラグイン)などなど。

 

今まで使った中で一番便利だったのはSI ObjectBrowserですが、有償なんですよね。

 

eclipse使ってる時はDBViewerプラグイン使ってたんだけど、eclipse使わない開発だと使えない(使うためにeclipse立ちあげたくない)のでSequel Pro使ってました。

 

Sequel Proも便利なんだけど、Qiitaの下記記事をみてTeamSQLを使ってみることに。

qiita.com

 

 

TeamSQLとはどんなクライアント(Client)ツール?

簡単に紹介

 

多くのデータベースをサポートしてます。

・Oracle

・MySQL

・SQL Server

・PostgreSQL

・AWS Redshift

・Redis

・AWS Aurora

・MariaDB

 

将来的に下記をサポートするようです。

・AWS ElasticSearch

・Cassandra

・SQLite

・MongoDB

 

Windows、Mac、Linuxに対応

Windows、Mac、Linuxで使えます。 

 

TeamSQLをインストール

Macにインストールします。

 

下記URLに接続して画面右上の「Download for Free」の黄色ボタンを押下するとダウンロードできます。

TeamSQL - Cross-platform SQL Client Built for Collaboration

 

f:id:ksakae1216:20180923152342p:plain

 

ダウンロードしてアプリケーションフォルダにコピーすれば完了です。

f:id:ksakae1216:20180923153236p:plain

 

早速起動するとこのようなダイアログが出てくるので「開く」ボタン押下

f:id:ksakae1216:20180923153535p:plain

 

このような画面が立ち上がるのでメールアドレス入力して黄色のボタンを押す

f:id:ksakae1216:20180923153808p:plain

 

「Full Name」、「Password」入力して、チェックボックスをチェックする

f:id:ksakae1216:20180923154313p:plain

 

TeamSQLが立ち上がりました。

f:id:ksakae1216:20180923154908p:plain

が、画面左下に赤字で何か書いてある。

どうやらメールを確認しろとのこと。

 

メール見てみます。モザイクしてあるリンク部分をクリック

f:id:ksakae1216:20180923155129p:plain

 

はい、アカウントが正常に確認できたとのことです。これでインストール完了ですね。

f:id:ksakae1216:20180923155433p:plain

 

 

TeamSQLでMySQLに接続する

それではインストールした TeamSQLでMySQLに接続します。

※私の場合、下記記事のMySQLを使います。

【Docker入門】公開されているイメージを使う(MySQL編) - フリーランス チャレンジ!!

 

CONNECTIONSの右にあるプラスボタンを押してください。

f:id:ksakae1216:20180923160756p:plain

 

 左側でMySQLを選んで右側は自分の環境に合わせて入力

f:id:ksakae1216:20180923162212p:plain

・Connection Name

 任意(適当でいいです)

・Host

 接続したMySQLのIPアドレス

・Port

 接続したMySQLのポート番号

・Connection Timeout

 任意(入力してもしなくてもOK、入力しないと10秒かも)

・Username

 接続ユーザー名

・Password

 パスワード

・Default Database

 デフォルト接続するデータベース

 

これで右下の「Test Connection」ボタンを押下するとテスト接続します。

成功するとこのようになります。

f:id:ksakae1216:20180923162643p:plain

 

「Save Connection」を押下すると設定を保存します。

 

あとは、下記のようにそれぞれデータベース、テーブルをダブルクリックして展開します。

するとtable1テーブルの上位200件を表示します。

f:id:ksakae1216:20180923163121p:plain

 

画面右上部がSQL、画面右下部がSQLの結果となります。

f:id:ksakae1216:20180923163939p:plain

 

最後に

ちょっと長くなったので機能については下記記事で紹介します!

TeamSQLの機能紹介 - フリーランス チャレンジ!!