フリーランス チャレンジ!!

フリーランス チャレンジ!!

現役フリーランスエンジニアが書く雑記ブログ

【AWS】無料でPostgreSQLを構築

スポンサーリンク

スポンサーリンク

AWS 無料 PostgreSQL 構築



AWSでPostgreSQLの構築とローカルから接続できるよう設定したので手順を紹介します。 

 

 

AWS上にPostgreSQLを作成する

※AWSのアカウント作成済み、コンソールにログインできる事前提に進めます。

AWSのコンソールにログインして、サービスからRDSを選択する。

f:id:ksakae1216:20180927100044p:plain

 

データベースの作成ボタンを押下。

f:id:ksakae1216:20180927132933p:plain

 

PostgreSQLを選択して次へボタンを押下。

f:id:ksakae1216:20180927133006p:plain

 

開発/テストを選択、次へボタンを押下。

f:id:ksakae1216:20180927133048p:plain

 

「RDS 無料利用枠のオプションのみを有効化」チェックボックスをチェック。

f:id:ksakae1216:20180927133124p:plain

 

画面を下にスクロールして「設定」を記載。

DBインスタンス識別子、マスターユーザーの名前に任意の値(適当でOK)を入力。

マスターパスワード、パスワードの確認を入力して次へボタンを押下。

f:id:ksakae1216:20180927133253p:plain

 

「パブリックアクセシビリティ」でははいを選択。

はいを洗濯しないと、外部からアクセスする事ができません。

 

さらにこの画面ハードコピーの下にある「データベースの名前」はマスターユーザーの名前と同じ値が入ってます。

データベースの名前を変えたければここを変えて下さい。(私は変えてません)

f:id:ksakae1216:20180927133604p:plain

 

はい、DBインスタンスを作成中になりました。

画面右下の「DBインスタンスの詳細の表示」ボタンを押下して下さい。

f:id:ksakae1216:20180927133947p:plain

 

次に、画面左の「インスタンス」リンクを選択すると、画面右側に先程作成したPostgreSQLの状態が表示されます。

作成した直後は、ステータスが作成中になってます。

f:id:ksakae1216:20180927134111p:plain

 

「表示の更新ボタン」をたまに押下すると表示内容が変わります。

この画面のようにステータスが「利用可能」になったらOKです。

f:id:ksakae1216:20180927134214p:plain

 

接続設定の変更

※もしかしたら以降の手順は不要かもしれませんが念のため。

インスタンスのリンクをクリック

f:id:ksakae1216:20180927152134p:plain

 

少し画面をスクロールするとセキュリティグループの設定があります。

タイプをみるとわかるんですがInbound、Outboundの2種類があります。

Inboundが外部からPostgreSQLへのアクセス許可設定。

OutboundがPostgreSQLから外部へのアクセス許可設定。

 

つまり、Inboundのアクセス許可を厳しくすると設定されたプロトコル、IPアドレス、ポートしかアクセスできないようになります。

 

それでは設定します。赤枠のリンクを選択。

f:id:ksakae1216:20180927151941p:plain

 

インバウンドが選択されてます。

編集ボタンを押下して下さい。

※この画面ハードコピーはすでに修正済みで、初めてこの画面を表示する場合、プロトコル、ポート範囲、ソースに違う値が表示されています。

f:id:ksakae1216:20180927152959p:plain

 

下記のように変更して下さい。

①タイプ

 すべてのトラフィック

②プロトコル

 すべて

③ポート範囲

 0-65535

 ※すべてのトラフィックを選択するとこのポートになるはずです。

④ソース

 カスタムを選択

 0.0.0.0/0を入力

最後に保存ボタンを押下する。変更は即時反映されます。

f:id:ksakae1216:20180927153606p:plain

 

次はアウトバウンドです。

編集ボタンを押下しインバウンドと同じように変更して下さい。

f:id:ksakae1216:20180927154100p:plain

 

これで外部(ローカルのPCなど)から接続する事ができます。

 

作成したDBに接続するツールはTeamSQLがおすすめです!

TeamSQLでAWSのDB(PostgreSQL)に接続する - フリーランス チャレンジ!!