フリーランス チャレンジ!!

フリーランス チャレンジ!!

現役フリーランスエンジニアが書く雑記ブログ

フリーランスの生産性を上げるタイムマネジメントと仕事術

スポンサーリンク

スポンサーリンク

※執筆者:ゲストライター

 

フリーランスの一番の魅力は、自由に働くことができることです。
会社員や契約社員、短期のアルバイトとして働いている方も一度は「フリーランスになってみたい」と思ったこともあるのでは?


フリーランスは、会社内の人間関係などに影響されることなく、自由に働くことができ、仕事をしたぶん報酬につながるため、理想の働き方と考える方も多いかと思われます。

 

しかし、フリーランスの場合、仕事を管理するのは自分のみであるため、うまく時間を管理しないと、だらだらと長時間働いて、効率が下がってしまい、締め切りに間に合わないなど、悪循環になる傾向があります。生産性を上げることによって、使える希少資源(時間、お金)が増えるため、好きなことにその希少資源を費やすことができます。「誰にでもできる、生産性を向上させる方法!!」については、こちらをご覧ください。

 

この記事では、フリーランスの生産性を上げるためのタイムマネジメントと仕事術をいくつか紹介します。

 

 

生産性を上げるタイムマネジメント

「タイムマネジメント」とは、直訳すると「時間管理」ですが、それだけではなく、目標を達成するためにタスクを効率よく実行することによって、時間を有効活用するための行動管理の方法のことを意味します。タイムマネジメントには、大別して「仕事効率の向上」と「時間効率の向上」の2つの目的があります。

 

「仕事効率の向上」と実践例

仕事効率を向上するためには、まず各仕事を「重要度」と「緊急性」の観点から、優先順位づけをします。その優先順位に基づき、締め切り日までに充分間に合うように、おおまかなスケジュール(1週間、2週間、1カ月単位など)を決めます。

その後、1日単位でのその日にやるべきことを書きだす「ToDoリスト」を仕事に取り掛かる前に作成します。「ToDoリスト」を作成することによって、その日に終わらせないといけない仕事を完了することに集中することができ、ダラダラと働くことを避けることができます。

 

「時間効率の向上」と実践例

業務やコミュニケーションを改善することにより、時間効率を向上することが可能です。案件の受注から、仕事の流れの説明、進捗状況や締め切りに関する顧客とのコミュニケーションは、ほぼテンプレート・マニュアル可することができるため、個別の案件のたびに作成・確認する手間が省けるため、時間を効率よく使うことができ、業務の進行がスムーズになります。

 

生産性を上げる仕事術

仕事に費やす無駄な時間を減らし、なおかつフリーランスとしての仕事の質を高めるためには、「仕事を選ぶ」「アウトソースする」などのコツがあります。

 

仕事を選ぶ

フリーランスとして仕事を引き受ける前に、仕事の依頼主とやり取りする際に何らかの疑問があり、その疑問が解決されない場合や、単価が極端に低い場合、締め切り日がタイトな場合などは、仕事を断ることを検討することをおすすめします。仕事を選ぶことによって、依頼を受けた後で、トラブルに巻き込まれることや、悪質なクライアントと関わることを避けることができます。また、仕事の依頼に関するやりとりは口頭ではなく、メールで行うことが最適です。やりとりの詳細や同意内容を記録することができるため、あとあとのトラブルが発生することを回避できます。

 

アウトソースする

さまざまな案件の依頼を受け、多忙なことから締め切りに間に合うかが心配な場合や、苦手な作業(例、マーケティングなど)をする必要がある場合は、他のフリーランサーやフリーランス専用のエージェントにアウトソースすることが可能です。フリーランスにとって、締め切りを守り、質の高い仕事を提供することはとても重要なため、たまにはアウトソースすることも選択肢の1つです。

 

最後に

フリーランスの生産性を上げるためのタイムマネジメントと仕事術をいくつか紹介しました。仕事の優先順位づけやToDoリストの作成、コミュニケーションのテンプレート・マニュアル化を利用して、タイムマネジメントを行い、引き受ける仕事を選び、アウトソースすることによって、より生産性を上げることが可能となります。

あなたもぜひフリーランスとしての生産性を上げ、もっと有意義なことに時間を使ってみては!!