フリーランス チャレンジ!!

フリーランス チャレンジ!!

現役フリーランスエンジニアが書く雑記ブログ

おすすめのスタンディングデスク3選

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スタンディングデスク購入して本当に大満足です。

 

本当にもっと早く買っておけば良かったと思います。

 

すでに購入して満足な生活を送ってるんですが、ふと、「スタンディングデスクって他にどんなのがあるんだろう?」と疑問に思いました。

 

現在、使ってるのを基準に他のスタンディングデスクを値段、機能で比較してみました。

 

 

スタンディングデスクを選ぶポイント

スタンディングデスクって色んな種類があります。

 

机の上に置くタイプ。

 値段は、6000円から1万5000円くらいまであります。

どうしても1万円以上、出せないならこの選択肢もなくはないですが、あまりおすすめではないです。

 

メモリ機能なしタイプ

 デスクの高さをボタンで変更できるが、メモリ機能が無いタイプです。

メモリ機能とは、高さを覚える機能です。

 

メモリ機能がないと、立つ時、座る時に、上げる、下げるボタンをずっと押しっぱなしで且つ毎回自分で高さを調整する必要があります。

 

スタンディングデスク使ってて分かったんですが、座ったり、立ったりって1日に何回もするんですよ。

それを毎回、ボタン押して、しかもベストの高さにするのって難しい。

あと、数千円出せば、メモリ機能あるタイプを買えるので、これは超絶おすすめしないです。

 

スタンディングデスクは昇降できてメモリ機能ありがおすすめ

という事で、私がおすすめするのは、昇降できてメモリ機能があるものです。

 

せっかくスタンディングデスクを買うのなら買って良かったと思えるものを買いたいですよね。

 

買って良かったと思えるのは間違いなく、昇降でてきメモリ機能があるやつです。

 

 

1番のオススメ FLEXISPOT EF1

 

現在、私が使ってるものが1番のおすすめです。

値段が3万1000円(2021/5/22現在)とお手頃です。

 

下記の記事でも紹介してます。

www.ksakae1216.com

 

机自体の重量が重く、最初の組み立ては少し苦戦しましたが、本当に買って良かった大満足の品です。

 

机の昇降スピードも早く、音も静かです。

初めて購入するのであれば、間違いなくFLEXISPOT EF1をおすすめします。

 

引き出し付きのPYKES PEAK

 

こちら、5,5000円(2021/5/22現在)とFLEXISPOT EF1よりもかなり高めとなってますが、スタンディングデスクで引き出しある商品って少ないんですよね。

 

このPYKES PEAKは引き出しと3つのUSBポートを備えたスタンディングデスクです。

 

引き出しとUSBポートが便利だな〜と感じたらぜひこちらがおすすめです。

 

大きな天板、エルゴノミクスのFLEXISPOT E7

 

 最後はこちら、FLEXISPOT E7。

 

広い作業スペースが欲しい方は、この大きな天板のFLEXISPOT E7がおすすめです。

 

しかもこの天板、全面が湾曲しており、より作業しやすくなってます。

あと、天板の色も高級感があってきれいですね。

 

このE7ですが、天板にコード整理用の穴も空いてるのでコードをスッキリさせる工夫もされてます。

 

値段はちょっと高めの67,900円(2021/5/22現在)ですが、広い作業スペースが必要な方はこちらがおすすめです。