フリーランス チャレンジ!!

フリーランス チャレンジ!!

現役フリーランスエンジニアが書く雑記ブログ

スタンディングデスクを自作するなら昇降式です、それ以外は買った方がいい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スタンディングデスク 自作

スタンディングデスクを自作してみようと考えてる人!

 

自作の手間は?、お金は?ってところが気になりますよね!!

 

スタンディングデスクの自作について、ネットで色々調べた結果、手間、お金を考慮すると昇降式デスクの自作がおすすめです。

 

なぜ、昇降式デスクの自作がおすすめで、それ以外は自作しない方が良いのか?

この記事で紹介していきます。

 

読み終わった時には、「なるほどな〜」と納得してもらえるでしょう。

 

 

スタンディングデスクの自作は昇降式がおすすめ

卓上、高さ固定タイプを自作するなら買った方が安い

「スタンディングデスク 自作」で色々調べました。

 

100均や、ホームセンターで材料を揃えて自作する人。

本格的に、手間を惜しまず自作する人など。

 

それぞれの人のかかったお金をみると5000円〜1万円ほど。

これだったら、正直完成品のスタンディングデスクを買える。

 

自分で材料を揃え、手間をかけても、買った方が安いし、品質も良いので作するより買いましょう!!

 

こちらの記事で紹介してます。 

www.ksakae1216.com 

昇降式なら自作の方が安い

但し、昇降式なら自作の方が安いです。

 

こちらFLEXISPOTなら昇降式の脚だけの購入ができるので安い天板(机の板)を自分で探せば、お金も安いし、好みの机を自作できるので、いくつか紹介します。

 

自作用の脚

FLEXISPOT EF1

2021年8月時点、Amazonで2万8600円です。

天板ありだと3万3600円で+5000円になるので、5000円以下の天板を探せば、自作の方が安上がりです。

 FLEXISPOT EJ2

2021年8月時点、Amazonで3万8500円で、天板ありだと5万800円で+12300円です。

 

自作用の天板

山善(YAMAZEN) 組合せフリーテーブル用天板

2021年8月時点、Amazonで4999円です。リーズナブル!!

色は、ホワイト、ナチュラル、ダークブラウンの3色から選べます。

FLEXISPOT DIY用天板

2021年8月時点、Amazonで9900円です。

色は黒、Mahogany、メープルの3色。

 

ちなみにFLEXISPOTにあわせる天板のサイズは下記記事を参照ください。

※天板が小さすぎたり、板が薄いと使えないのでご注意ください。 

www.ksakae1216.com 

 

最後に

まとめです!!

  1. スタンディングデスクを自作するなら昇降式
  2. 卓上、高さ固定は自作するより、買った方がいい
  3. 自作用の脚、天板を紹介 

 

この記事を参考に、自作するなら昇降式で!!