フリーランス チャレンジ!!

フリーランス チャレンジ!!

現役フリーランスエンジニアが書く雑記ブログ

そのテスト動いてないですよ(テストコードは失敗するケースから書く)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

ちょうど、このタイトルに遭遇したので、過去の自分の失敗を繰り返さないためにも記事にする。

 

 

流用したテストコードが動いてなかった

非同期メソッドのテストコード書こうと思ったけど、パッと出てこなかったので、既存のテスト眺めてたら、流用できそうなテストコードがあり、それをコピーしてテスト書いた。

 

以前の失敗(教訓)からわざと失敗するような期待値にして、テスト実行すると正常終了する?!

f:id:ksakae1216:20220109110554j:plain

 

じゃあ、流用元のテストコードをエラーになるようにしてテスト実行しても正常終了した。

f:id:ksakae1216:20220109110904j:plain

 

以前の失敗を思い出した

以前のプロジェクトで非同期メソッドのテストコード書いたらレビューで「このテスト動いてないですよ」と指摘されたのを思い出した!!

 

この悲劇を繰り返さないよう、チームに事象を共有して

テストコードは失敗するケースから書く

をルールにしたんだ!!

 

失敗するケースから書く

自分が失敗の当事者だったので、これ以降、テストコードは失敗するケースから書くようになった。

 

そして、想定通り失敗したら、成功する期待値に書き換える。

 

ちなみに今回はこのケース

RxJS

 

最後に

この本にもエラーケースから書けってなってた気がする。